そうめん通販「島原味の麺」

九州・長崎特産品・そうめん通販「島原味の麺」

 九州・長崎県特産品・そうめん通販「島原味の麺」。島原素麺やラーメン、うどん、そばの産直お取り寄せ。創業120年の老舗「北田製麺」のネットショップ

トップページおすすめ品お客様の声運営者の紹介店長ブログお問い合わせカートの中
島原味の麺ご推奨品

島原味の麺・お客様の声

長崎県島原市・北田製麺工場

有限会社北田製麺工場

〒855−0866

島原市南下川尻町8066

TEL 0957−62−2426

FAX 0957−62−5848 

北田製麺工場地図略図

北田製麺地図・MAPFAN

メール問い合わせ

 

佐川急便・24時間荷物問い合わせ

クロネコヤマト・荷物問い合わせ

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 島原の宿泊・ご推奨の宿

島原の宿泊・九十九ホテル

東洋九十九ベイホテル

島原の宿・ホテルシーサイド島原

 HOTELシーサイド島原

島原の宿泊・ホテル南風楼 

 ホテル南風楼

 

 島原半島の観光と百選のご紹介

九州の地図・長崎県

九州・長崎県は、観光資源豊かな県です。
長崎の観光スポットは、皆様もご承知のとおり「グラバー邸」「平和記念像」「
孔子廟」「浦上天主堂」「長崎バイオパーク」「稲佐山」など、
とても一日では歩く(=長崎の方言=さるく)ことができません。
ここでは、長崎市内の観光案内は、有名なサイト紹介にとどめ、
島原市のある島原半島の観光紹介をいたします。

島原半島は、キリシタン弾圧(島原の乱)の歴史もあり、
松平直轄の「島原城」を中心に、歴史の街となっています。
島原素麺の伝来もこの一つといわれております。
島原半島の真ん中は、美しい四季と温泉のある雲仙があり、
雲仙国立公園となっております。

是非一度、観光にお出かけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 島原半島の観光ご紹介(島原半島北部・雲仙市と島原市内編)

A・JR諫早駅

 諫早市・JR諫早駅・博多から90分

博多駅→90分、長崎駅→JR20分
i諫早駅は、諫早市の代表駅であり、JRの長崎本線大村線島原鉄道線が一堂に集まるターミナル駅。福岡佐賀方面からの島原の玄関口。博多から90分、長崎から20分。
新幹線の乗り入れが予定されています。

 

島原鉄道→30分、車→25分

吾妻駅

 雲仙市吾妻町

 

 

 

徒歩→車→

島原鉄道↓23分、車↓20分

A1・諫早湾干拓

諫早湾潮受堤防・・写真右有明海・左諫早干拓

1989年からは国営諫早湾干拓事業が開始され、1997年には諫早市と雲仙市に跨る約35km²の海域が締め切られた。潮受堤防右、有明海、左は諫早湾干拓農地。

B・多比良駅

雲仙市国見町

多比良港←船←熊本県(長洲港)

 

 

 

島原鉄道↓20分、車↓15分

C・百花台公園

雲仙市・百花台公園・・花見に、サッカーに

サッカーの町、国見町。国見は多比良カニでも有名。百花台公園は、雲仙山麓につくられたスポーツもできる森林公園。芝生広場、サッカー場ソフトボール場、テニスコート、花園広場 ターザンの森、ふれあい広場、野鳥の森など。春の桜花見にも。

D・島原駅

 島原市

 

 

 

 

 ↓徒歩8分

 

 

島原鉄道↓8分、
車↓8分

E・島原城

長崎県島原市・島原城

1616年、松倉豊後守重政は、7年余の歳月を費やして島原城を築きました。城は昔「森岳」などと呼ばれた小高い丘を利用して築かれたので、別名を森岳城ともいいます。日本100名城百選、周辺公園は、日本歴史公園に選ばれています。

 

 

↓徒歩5分

 

 

 

F・武家屋敷

⇒徒歩10分

G・島原図書館

 

 

島原市・武家屋敷

島原城築城のとき、外郭西に接して扶持取70石以下の武士の住宅団地が建設された。鉄砲隊の住居であったので、鉄砲町と呼ばれます。

島原図書館・・松平文庫・

公共建築百選に選出(国土交通省)。「松平文庫」は、旧島原藩主松平家が歴代蒐集・所蔵していた古典籍類です。島原市が所蔵し、有形文化財指定。

 

 I・江東寺・涅槃像

 ←徒歩8分

 H・鯉の泳ぐまち

 ▼徒歩5分

 

島原・江東寺・涅槃像

清光山江東寺。島原城を築いた松倉重政、島原の乱の際、原城総攻撃で戦死した幕府軍の総帥である板倉重昌を追善するため説法ねはん像が建立されました。

島原市鯉の泳ぐまち

新町通りは、別名「鯉の泳ぐまち」と呼ばれ水路を鯉が泳ぎ水の都、島原を代表する景観。「遊歩百選」や「水の郷百選」に選ばれるほど、水と共に生きる町です。

 

 ▼徒歩10分

 

 J・浜の川湧水

 

 島原市内には数多くの湧水があります。「浜の川湧水」には、4つの区画に区切られ、食料品を洗うところ、食器を洗うところなど上から順々に水を利用していくような仕組みになっており、現在もしきたりが守られています。

 K・南島原駅

 ←徒歩5分

 

島原鉄道↓3分、
車↓5分

 

L・島原外港駅

⇒徒歩3分

M・島原港

←高速船30分←熊本県・熊本港

島原市・島原外港駅

島原鉄道最終駅。島原外駅以南は、廃線となり、南島原市へはバスのみとなってしまいました。

島原港・熊本県からの玄関口

熊本県からの玄関口。高速船就航。熊本〜島原わずか30分。熊本、阿蘇からのアクセスは有明海をわたってすぐです。

 

 

↓徒歩10分、車3分

N・北田製麺

長崎県島原市・島原麺の老舗・北田製麺工場

長崎や島原雲仙のお土産なら・・
長崎県特産品「島原素麺」

有限会社北田製麺工場
ネットショップ「島原味の麺」
長崎県島原市南下川尻町8066
電話0957−62−2426

 

  島原半島の観光ご紹介(島原半島南部・南島原市〜雲仙編)

L・島原外港駅

 

 

 

車→5分

島原外港駅以南の南島原市へは、バス、車、タクシーをご利用ください。

O・
雲仙岳災害記念館

雲仙岳災害記念館・火山体験学習施設

全国初の火山体験学習施設。 日本一新しい山「平成新山」をつくった雲仙普賢岳噴火による災害と自然の脅威を肌で感じられるような工夫が各所にされています。

 

南島原市

 

車↓3分

 

 

 

道の駅・水無本陣

P・
道の尾駅・水無本陣
土石流被害家屋保存公園
 

道の駅・水無本陣・・・土石流被災家屋保存公園

雲仙・普賢岳を望む水無川そばに位置する道の駅。国道251号沿い、1991年の雲仙普賢岳噴火(死者不明者44名)で特に大きな被害を被った場所です。 被災した家屋の保存公園やレストランなどの施設があります。

▼雲仙方面へ

 車↓15分

 

 

俵石展望台・鮎帰りの滝に行く時間がない人は↓↓

Q・俵石展望台

島原市・武家屋敷

九十九島秩父が浦公園、島原半島南部を眺望できる絶景の地。長崎県新観光百選の1つです。遠く熊本県宇土半島、有明海にポッカリ浮かぶ湯島(談合島)が眺望。 国道57号線と有家町役場から雲仙方面に進む道路が交差したところです。

 

 

車↓15分

 

 

 

R・鮎帰りの滝

島原市・武家屋敷

高さ15m・幅5m・滝壷やや広い。俵石展望台から 県道132号線を南下。
案内板を目印に、かなり狭い道を滝へ。
土産物屋に10台ほどの駐車場あり。
島原そうめんの町らしく、夏場は「そうめん流し」も。

 ▼車30分

 

車↓20分

 

 

 S・西望公園

西望公園・北村西望の生家・長崎の平和記念像作者

西望公園・南島原市南有馬町丙393−1
入場料・大人100円、小人50円。
電話0957−85−2922
長崎平和記念像の作者で有名な北村西望(きたむらせいぼう)さんの生家。ゆかり深い生誕の地に作品を展示した芸術公園で、園内や生家を復元した木造の記念館には、「平和記念像」をはじめ、彫刻・書・絵画など70点あまりの作品を展示。

 

車↓10分

 

時間がない人は↓
雲仙国立公園へ

 T・原城跡
天草四郎の墓
(国指定史跡)

島原市・武家屋敷

昭和13年(1938年)国の史跡指定。
有明海の岬を利用した城。長崎県の桜の名所。徳川幕府下では最大の反乱だった島原の乱(寛永14年 1637)の一揆軍がたてこもり、3万7千人は悲惨な最期を遂げた。この島原の乱以降、「島原そうめん」が伝承されたといわれる。

  

車↓10分 

 

 

U・口之津イルカウオッチング

南島原市・口之津・イルカウオッチング

島原半島の最南端、有明海の入口に面した港町「口之津」。対岸の熊本県天草市五和町との距離はわずか5km。ほぼ確実にイルカと出会うことができます。
口之津観光船企業組合
南島原市口之津町丁5771−1
電話0957−86−4433

  

 

 車↓2分 

 ←船30分・熊本県天草からの玄関口

 

 V・口之津港

口之津港・熊本天草まで30分フェリー

 

  ▼車30分

 

車↓30分

 →小浜温泉まで車・バス25分

 W・雲仙国立公園

雲仙国立公園・温泉と旅館街 

明治時代、外国人の避暑地として開かれた国際的な観光地でもある雲仙温泉。温泉街は古湯・新湯・小地獄の3つに分かれ、雲仙地獄の湯けむりが漂う街並みに旅館街があります。昭和9年に、日本で最初の国立公園に指定されました。雲仙岳は普賢岳、国見岳、妙見岳、絹笠岳、高岩岳、野岳、矢岳、九千部岳の8つからなり、野鳥や高原植物の宝庫です。

  島原半島の観光ご紹介(島原半島西部・雲仙市編)

W・雲仙国立公園

 

諫早〜車→50分、愛野〜車30分

 

車→5分

雲仙散歩地獄めぐり

W1・雲仙地獄

W2・
雲仙お山情報館

W3・
雲仙ビードロ美術館
雲仙スパハウス

W1・雲仙の植物
原生沼

 雲仙温泉でごゆっくりご宿泊ください。

雲仙国立公園・地獄めぐり

雲仙国立公園・雲仙お山情報館

雲仙ビードロ美術館・雲仙スパハウス

雲仙国立公園・原生沼

 

雲仙の古湯と新湯の間の白い土(温泉余土)におおわれた一帯が雲仙地獄地帯です。雲仙の温泉の泉質は硫酸酸性の硫黄泉で、強い酸性を示し、強い硫黄臭です。温泉の最高温度は98℃。

 雲仙地域総合整備基本計画の事業に基づき、 雲仙の自然や歴史を中心に島原半島全域に関する情報を提供する施設です。

ガラス細工工房と博物館、更に温泉も。19世紀の世界のガラス300点をコレクションは一見の価値あり。

 雲仙には、五つの国指定の天然記念物(池の原ミヤマキリシマ群落、原生沼沼野植物群落、地獄地帯シロドウダン群落、野岳イヌツゲ群落、普賢岳紅葉樹林)があります。

  

 

 車→10分

 

時間がない人は↓

X・仁田峠
(雲仙ロープウエイ)


 

雲仙普賢岳・仁田峠

雲仙・妙見岳と野岳の鞍部にあたあたる仁田峠は標高1080m。妙見岳山頂に向かう雲仙ロープウェイ乗降場の近くには展望台があります。春はミヤマキリシマ、秋は紅葉の名所として有名。ミヤマキリシマ10万本が群生。その美しさに親しみを込めて「ウンゼンツツジ」と呼び、「県の花」にもなっています。

▼小浜温泉

 車↓30分

 

 

↓車20分

Y・惜梅亭
(せきばいてい)

雲仙市の迎賓館的な茶室・惜梅亭

昭和54(1980)年に宮大工が粋を凝らし造りあげた町の迎賓館的な茶室。地元の人もあまり知らないみどころ。秋の紅葉の季節にいくとよい??市町村合併による補助金削減の影響で取り壊される寸前でした。 岸信介元総理大臣の直筆による「惜梅亭」の書が飾ってあります。

 ▼小浜温泉

 

車↓5分

 

 

 

Z・小浜温泉

雲仙市・小浜温泉・夕陽のきれいな温泉

小浜温泉は、橘湾に面した温泉地で、夕日が沈む美しさは天下一品。高い温泉温度と豊富な湯量が自慢で、海岸沿いに30軒の旅館・ホテルが建ち並び、新鮮な海の幸が味わえます。「民主党予備選のバラック・オバマの応援」「小浜ちゃんぽん」「小浜花火大会」など話題沸騰中。

 

▼雲仙市千々石町

車↓10分

 

 

 Z1・橘公園(神社)

雲仙市・橘公園・橘神社・桜の花見

橘公園には千々石の三大先人(橘中佐・釧雲泉・千々石ミゲル)の史蹟が数多く残されています。
約1000本の桜の木(ソメイヨシノ)があり、桜の時期は多くの花見客が訪れ特に夜桜は絶景。

  

車↓5分 

 

時間がない人は↓↓車30分

Z2・愛野展望台

雲仙市・愛野町・愛野展望台

島原愛野町の南端、海抜95メートルの千々石断層崖の上の展望台。国立公園・雲仙岳や橘(千々石)湾を望むのに絶好の場所。愛野扇状地のバレイショ(さつまいも)は有名。愛野展望台の名前は1925年(大正14年)に秩父宮殿下が、おいでになった際に付けられました

  

 

 車↓20分 

 

 

 A・諫早駅

諫早市・JR諫早駅・博多から90分

諫早市の代表駅であり、JRの長崎本線大村線島原鉄道線が一堂に集まるターミナル駅。福岡佐賀方面からの島原の玄関口。博多から90分、長崎から20分。
新幹線の乗り入れが予定されています。

 島原半島の百選のご紹介

島原半島には、観光名所のほか、島原の「名水百選」などたくさんの「百選」があり、
時間がある方は、足をのばされることをお薦めいたします。
ここには、島原半島の百選を「GOOGLE」地図に示してご紹介いたします。
 

百選名

 種別

場所・地図

認定者

選定理由

名湯百選

1・小浜温泉

雲仙市小浜町 

健康と温泉フォーラム

温泉療法医がすすめる温泉 

2・雲仙温泉

雲仙市小浜町

名水百選

3・島原湧水群

島原市

環境省

「優れた水環境」を受け継ぐ保全活動

棚田百選

4・谷水 南島原市南有馬町

 農林水産省
 農村環境整備センター

農業収入や兼業のみでの棚田の維持が難しいと考え、棚田の景観の維持や観光地化を目的
5・清水棚田 雲仙市千々石町

森林浴の森100選

6・雲仙あざみ谷 雲仙市小浜町

緑の文明学会、緑の文明総合研究所

「健康・保養に森林を活用しよう」と「森林浴」を提唱

白砂青松100選

7・野田浜 南島原市加津佐町

日本の松の緑を守る会

21世紀に引き継ぎたい白砂青松を選定 
8・千々石海岸 雲仙市千々石町

農村景観百選

9・木指の棚田 雲仙市小浜町

農林水産省

良快適で誇りを持って居住できる活力ある美しい農村風景を保つため

水の郷百選

10・島原市

島原市

 国土交通省

地域固有の水をめぐる歴史文化や優れた水環境の保全に努め、水を活かした町づくりや村づくりに優れた地域

公共建築百選 11・島原図書館 島原市

 建設省

地域社会への貢献度が高く、地域に根ざし優れた公共建築を顕彰

日本の自然百選 12・千々石海岸

雲仙市千々石町

森林文化協会・朝日新聞社

身近な山、雑木林、海岸林、あるいは川、湖沼、海岸、干潟、湿原など21世紀に残したい自然

農道橋百選

13・丸山大橋

雲仙市

農林水産省

 

日本100名城

13・島原城

島原市

日本城郭協会

公募した城郭から、歴史建築の専門家などにより、観光地としての知名度や文化財や歴史上の重要性、復元の正確性などを基準に審査選定

日本歴史公園

14・島原城跡公園

島原市

都市公園法施行50周年等記念事業実行委員会

歴史的・文化的資源の保存・継承・活用、観光振興、活力に満ちた地域社会の実現

日本の名松100選

15・野田浜

南島原市

(社)日本の松の緑を守る会

全国の名松、松林のうち100カ所選定

16・千々石海岸

雲仙市

日本の地質百選

17・雲仙

雲仙市

「日本の地質百選」選定委員会

地質学的にみた日本の貴重な自然資源を選定

新日本観光地百選

18・雲仙

雲仙市

読売新聞社

  

19・島原

島原市

水の郷百選

20・島原市

島原市

 国土庁

火山とともに生きる湧水と歴史の国民公園都市

遊歩百選

21・島原市

島原市

読売新聞社 国民公園都市

日本には、いろいろな「百選」がありますが、主に環境保全や観光資源開発の目的が多いようです。地域がもつ自然を次世代へ継承することが大切であることは間違いがないようです。ボランティアや行政に頼るばかりでなく、地域の住民一人一人が、自分たちの街や山、海、川を育み、次の世代へ受け継がなければならないと思います。